マイクロソフト、流布している偽ウイルス情報「jdbgmgr.exe」に関するアナウンスを発表 | RBB TODAY

マイクロソフト、流布している偽ウイルス情報「jdbgmgr.exe」に関するアナウンスを発表

エンタープライズ その他

 マイクロソフトは、最近増えている「jdbgmgr.exeファイルはウイルスなので、検索し削除してください」という内容のウイルス情報メールについて、これが誤りであるとのアナウンスを発表した。

 このjdbgmgr.exeは、Microsoft VM(MS製のJavaVM)に含まるシステムファイルで、多くのWindowsにインストールされているファイル。アンチウイルスソフトベンダー各社によれば、上記内容のメールは現在、英語を始め数カ国語に翻訳されて流布しているという(日本語版は未報告の模様)。偽ウイルス情報メールは、このファイルがMSN Messengerによって大量配布されるように書いているものもあるが、もちろん実際にそのような挙動を示すことはない。

 jdbgmgr.exeというファイル名のワームが今後実際に登場したり、ファイル感染型のウイルスがjdbgmgr.exeに感染する可能性もあるが、まずはアンチウイルスソフトのウイルス定義ファイルを常に最新に保つなど、基本的な対策をこころがけてほしい。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top