アイキュー、無線インターネット部門をシステム・ケイに売却。利用料やサービス内容はそのままで | RBB TODAY

アイキュー、無線インターネット部門をシステム・ケイに売却。利用料やサービス内容はそのままで

ブロードバンド その他

 北海道札幌市を中心に無線インターネットサービスを提供しているアイキューは、5月1日付けで無線インターネットシステム部門をシステム・ケイに売却したと発表した。

 この売却によるサービス内容や機器設定の変更などは生じず、逆に電波の微弱エリアへの増強やサービス充実が図れるとアイキュー代表取締役の土岐氏はアナウンスしている。なお、土岐氏はシステム・ケイの無線事業部長としてユーザへの対応を続けていくようだ。

 システム・ケイに移管後の同サービスは「mu1000.net」という名称となり、順次エリアを拡大させるという。利用料は、アンケート会員用の利用料がそのまま踏襲され札幌中央基地局・札幌北基地局利用ならば月額3,980円(買取の場合)、太美基地局利用ならば月額5,800円(買取の場合)である。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top