先月のBADTRANSに続き今月はKLEZが。差出人がちがうためにうっかり実行が原因か | RBB TODAY

先月のBADTRANSに続き今月はKLEZが。差出人がちがうためにうっかり実行が原因か

エンタープライズ その他

 トレンドマイクロは、先月のウイルス国内感染被害レポートを発表した。トレンドマイクロによると、4月にもっとも被害を与えたウイルスはKLEZとなっている。

 トレンドマイクロに届いた問い合わせ情報順位によると、2240件の被害件数を出したKLEZで、先月もっとも被害を出したBADTRANSの770件を大きく引き離したことになった。

 KLEZには亜種もあり、知人のメールアドレスを使ってメールを送信するものもあり、知り合いからのメールだけにうっかり実行して感染したケースもあるとされている。また、差出人が感染者と限らないため、感染元を探し出すのに時間がかかり、さらに被害を拡大させることも考えられる。


順位ウイルス名ウイルス種類被害件数先月被害件数
1WORM_KLEZワーム型2240件298件
2WORM_BADTRANS.Bワーム型483件770件
3JS_EXCEPTION.GENJavaScript型221件188件
4NIMDAファイル感染型66件58件
5MTXファイル感染型62件99件
6PE_MAGISTRファイル感染型43件56件
7X97M_LAROUXマクロ型24件14件
8WORM_ALIZ.Aワーム型19件25件
9WORM_FBOUND.Cワーム型17件412件
10PE_FUNLOVEファイル感染型17件15件
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top