KDDIがCDNビジネスに積極的。Webアクセラレーションのトライアルに参加するコンテンツホルダを募集 | RBB TODAY

KDDIがCDNビジネスに積極的。Webアクセラレーションのトライアルに参加するコンテンツホルダを募集

ブロードバンド その他

 KDDIは、同社データセンター内に配置したキャッシュサーバ・ファームを使い、Webアクセラレーションサービスのトライアル参加サイトを30サイトほど募集する。

 KDDIのWebアクセラレーションサービスは、KDDI内のiDCに配置したキャッシュサーバ・ファームを使い、コンテンツホルダのウェブサーバをそっくりキャッシングし、KDDIのバックボーンを利用してコンテンツを配信するもの。KDDIのインターネットサービス利用者はもちろんのこと、IXとしてJPIXに2Gbps、NSPIXP2に3Gbps、さらにはISPとのピアリングとして10Gbps以上での接続をしていることにより、多くの国内接続利用者にとって安定してコンテンツを配信できるようになる。

 トライアルへの参加サイトを募ることで、KDDIは商用サービスに向けた準備ができると共に、トライアルへの参加サイトにとっても、トラヒックレポートや応答性レポートが戻されるため、自分のサイトの見直しができるようになる。なお、CGIやSSIのキャッシングはしない。

 トライアル期間は、6月3日から8月30日までで、各月で10サイト程度にトライアルへ参加してもらうことになる。トライアルへの参加条件は、個人以外であり、Webサイトを運営しているとともに、サイトのトラフィック情報を提示できることなどがある。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top