物産テレパーク、ガイアックスがビデオチャット中心のコミュニティを5月より。ベースは韓国ドリームワンのソリューション | RBB TODAY

物産テレパーク、ガイアックスがビデオチャット中心のコミュニティを5月より。ベースは韓国ドリームワンのソリューション

ブロードバンド その他

 三井物産テレパークは、コミュニティサービスを提供するガイアックスと共に、5月よりビデオチャット中心のコミュニティサイト「com-party!」を開始する。

 com-party!は、韓国ドリームワンの開発したビデオチャットソリューションをベースにしたもので、秒20コマのビデオチャットを中心としたコミュニティサイトとなる。ブロードバンド環境が普及するにつれ、文字ベースのコミュニケーションから動画ベースのコミュニケーションとなることが予想され、com-party!は、ブロードバンド環境に合わせてコミュニケーションサイトとして、最大10人までのビデオチャットが楽しめるサービスを提供する。なお、com-party!はガイアックスが持つ120万人のコミュニティーと連動していることも特徴で、ガイアックスの利用者をcom-party!へ誘導することで、早期のビデオチャットコミニュケーションのサイトを狙う。

 com-party!でビデオチャットを楽しむには、PCカメラの準備も必要になる。このため、三井物産テレパークはノバックと販売協力を結ぶことにより、com-party!内でカメラ販売をできる仕組みを整える予定でいる。また、com-party!は有料サービスとなるため、サービス開始直後は1か月の無料期間も設置する方針でもいる。

 com-party!のサイトは、http://www.comparty.jp/となる。サービスの月額料金や詳細サービス内容は追って発表となるもよう。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top