メルコ、ADSL局舎側機器との相性問題を解決したWLAR-8000ACG/WLAR-8MACGT用ファームウェアを公開 | RBB TODAY

メルコ、ADSL局舎側機器との相性問題を解決したWLAR-8000ACG/WLAR-8MACGT用ファームウェアを公開

IT・デジタル その他

 メルコは、WLAR-8000ACGとWLAR-8MACGT用のファームウェアVer.1.20 beta1を公開した。Ver.1.20 beta1には、エアステーション本体側とADSLモデム側の2種類のファームウェアが含まれている。

 前バージョンからの大きな変更は、1.5M/8Mサービス両方で発生していたADSL局側機器との相性問題を解決したことと、これまで別個だったWLAR-8000ACGとWLAR-8MACGTのファームウェアを共通のものにしたことだろう。その他の主な変更点は以下のとおり。

■エアステーション本体
・ADSLのエラーログの追加、物理層確率後のログを変更
・ADSLモデム側ファームウェア(020416A)よりも古いバージョンでも動作可能に変更(古いファームウェアの使用は勧めていない)

■ADSLモデム
・ゲイン制御できてない部分を修正
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top