群馬県の桐生・太田ケーブルが、約2,000円値下げのサービス改定を実施。下り3Mbpsが3,980円 | RBB TODAY

群馬県の桐生・太田ケーブルが、約2,000円値下げのサービス改定を実施。下り3Mbpsが3,980円

ブロードバンド 回線・サービス

 桐生ケーブルメディアと太田ケーブルメディア(群馬県・CATV)は、現在の5つのサービスメニューを、下り最大512kbps〜3Mbpsの3つの集約するサービス改定を実施する。桐生ケーブルメディアが26日より適用となる。

 今回のサービス改定は、主に値下げを断行したことにあるだろう。従来ならば月額5,880円のエキスパートコース(下り最大3Mbps)が、改定後は月額3,980円と約2,000円も安くなる。新ライトコースとなる下り512kbpsのサービスも300円の値下げだ。例外なのは、スタンダードコース。スタンダードコースは、利用料が100円アップするものの、下り速度が1Mbpsから1.6Mbpsと増速される。

 料金体系としては、ユーザが選択しやすいように、利用料と下り速度のバランスが非常によくとれているといえるだろう。

 改定前と改定後のサービスメニューの比較は以下のとおり。

エコノミー(廃止)
 速度:下り256kbps
 利用料:1,680円

スーパーエコノミー→ライトコース
 速度:下り512kbps(変更なし)
  利用料:2,280円→1,980円

スタンダード
 速度:下り1Mbps→下り1.6Mbps
  利用料:2,880円→2,980円

ビジネス(廃止)
 速度:下り2Mbps
  利用料:3,880円

エキスパート
 速度:下り3Mbps(変更なし)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top