J-DSL、6都道府県で8M対応化をさらに進める。北海道・愛知・大阪では4月予定分が完了 | RBB TODAY

J-DSL、6都道府県で8M対応化をさらに進める。北海道・愛知・大阪では4月予定分が完了

ブロードバンド 回線・サービス

 日本テレコムは、北海道・東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府の33交換局をJ-DSLの8Mサービス対応局に追加した。今回の追加により、北海道・愛知県・大阪府では4月の8M対応スケジュールがすべて完了したことになる。

 新規対応エリアは以下のとおり(※完売状態はパーソナルのもの)。
 
●8Mサービス対応
■北海道
発寒、札幌白石、厚別、清田(いずれも完売状態)

■東京都
白金、大手町FS、東京野方、練馬、霞ケ関、保谷

■神奈川県
川崎別館(完売状態)、川崎臨港、渡田、川崎北木月(完売状態)、柿生(完売状態)、川崎北、川崎北菅生、溝ノ口、川崎北子母口

■埼玉県
大宮東大成、浦和白幡、新座

■愛知県
笠寺、名古屋山田、矢田、瑞穂通、名古屋中川、名古屋守山

■大阪府
大阪平野、尼崎北(完売状態)、武庫之荘(完売状態)、尼崎東(完売状態)、兵庫御影
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top