沖電気、IP電話サービスのトータルソリューションを提供するための「IP電話普及推進センタ」を設立 | RBB TODAY

沖電気、IP電話サービスのトータルソリューションを提供するための「IP電話普及推進センタ」を設立

ブロードバンド その他

 沖電気工業は、IP電話の普及に向けて「IP電話普及推進センタ」を設立するとともに、IP電話サービス分野において、VoIP測定機器分野で名高いアジレント・テクノロジーと提携した。

 IP電話普及推進センタは、IP電話サービス事業者とその顧客企業に対して、IP電話サービスのコンサルティングからシステム設計・構築・導入・運用監視・工事・保守、サービス販売代行、システム教育、システム機器検証、機器販売仲介まで、IP電話に関するすべてのソリューションをまとめて提供する。なお、すでに提供を開始している「相互接続検証サービス」「音声品質評価サービス」の2サービスは、VoIP検証センタ(2001年12月設立)からIP電話普及推進センタに移行し、同センタが継続運用していくことになっている。

 また、沖電気工業とアジレント・テクノロジーの提携では、アジレント・テクノロジーがIP電話普及推進センタのアライアンスパートナーとして協賛するほか、VoIPネットワーク技術者育成のための教育メニューや人材教育などでも連携を図るとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top