NTT東、東電対抗のBフレッツメニューを追加。100Mbpsの複数ユーザ共有で月額5,800円 | RBB TODAY

NTT東、東電対抗のBフレッツメニューを追加。100Mbpsの複数ユーザ共有で月額5,800円

ブロードバンド その他

 NTT東日本は、FTTHサービス「Bフレッツ」にファミリータイプにかわるあらたなサービスメニュー「ニューファミリータイプ」を追加する。5月1日より事前申し込みを、6月1日よりサービス開始となる。

 ニューファミリータイプは、100Mbpsのアクセスラインを複数ユーザで共有するサービス。利用料は、ベーシックタイプの約半額の月額5,800円。また、ファミリータイプ同様、5台までのパソコンを接続できる。本タイプは、従来のファミリータイプ(10Mbpsを複数ユーザで共有・月額5,000円)では帯域不足と感じているユーザや、ベーシックタイプ(100Mbpsを複数ユーザで共有・月額9,000円)の利用料が高いと感じているユーザのどちらも納得できる帯域・価格設定となっており、今後のユーザ増加の鍵を握る可能性が高いだろう。なお、ファミリータイプは今後は現在のサービスエリア内のみでの提供となる。

 一方、東京電力の提供する100MbpsFTTHサービスのホームタイプでは、TTNnetが月額9,890円、So-netが月額9,600円、@niftyが月額9,900円という価格帯となっている。ニューファミリータイプに対応するISPがどのような利用料を設定するかにもよるが、最終的には東電のFTTHサービスとほぼ並ぶ利用料になると思われる。

 サービスエリアは、東京都千代田区、港区、新宿区、文京区、墨田区、江東区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、荒川区、板橋区、練馬区、葛飾区、江戸川区、武蔵野市、三鷹市、府中市、狛江市の18区4市の各一部。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top