シマンテック、大量メール送信ワーム「W32.MyLife.C@mm」の危険度を2から3に引き上げ | RBB TODAY

シマンテック、大量メール送信ワーム「W32.MyLife.C@mm」の危険度を2から3に引き上げ

エンタープライズ その他

 シマンテックは、ワーム型のコンピュータウイルス「W32.MyLife.C@mm」の危険度を2から3に引き上げた。危険度を引き上げた理由は感染報告件数が増大したため。

 W32.MyLife.C@mmは、Outlookのアドレス帳およびMSN Messengerのメンバリストの登録ユーザに自分自身を添付することで拡散する大量メール送信ワーム。感染メールの件名は「The list」、添付ファイル名は「List.TXT.scr」で、本ウイルスがコンピュータに感染した場合、Cドライブのすべてのファイルを削除しようとするほか、D・E・F・G・H・Iドライブのフォーマットをも試みる。またシステムが適切に機能しなくなることがある。

 なおシマンテックのLive UpdateおよびIntelligent UpDaterでは、4月2日(Live Updateの場合)・4月1日(Intelligent UpDaterの場合。いずれも米国時間)以降の最新ウイルス定義で本ウイルスに対応している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top