ネットワーククーポンのグーポンがマツモトキヨシを加盟店に。リアルとバーチャルの新たな組み合わせに火がつくか | RBB TODAY

ネットワーククーポンのグーポンがマツモトキヨシを加盟店に。リアルとバーチャルの新たな組み合わせに火がつくか

ブロードバンド その他

 グーポンを運営するイムコスは、10日よりマツモトキヨシの薬粧部門532店がグーポン加盟店として加わることを発表した。

 グーポンは会員に対してカードを発行し、リアル店舗で購入したポイントをネットワークで管理できるもの。小売店に向けた共通ポイントカードとしての位置付けで、各店で集めたポイントを一括してネットワークで管理し、商品券やプリペイドカードに交換できる。

 マツキヨは、すでに独自の現金ポイントカードの仕組みを提供しているが、今回グーポン店舗に加盟したことでマツキヨ会員とグーポン会員を統合して管理する。既存マツキヨカード会員は、グーポン会員としてグーポンに利用登録することで、グーポン会員として登録され、マツキヨカードでの利用分もグーポンポイントとしてポイント付加される。

 グーポンへの大手小売チェーン店の参加は、マツキヨが最初になり、今後の各社参加にむけた火付け役となるか着目される。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top