トレンドマイクロ、2002年3月のウイルス感染レポートを発表。トップは変わらずBADTRANS.B、2位は新登場のFBOUND.C | RBB TODAY

トレンドマイクロ、2002年3月のウイルス感染レポートを発表。トップは変わらずBADTRANS.B、2位は新登場のFBOUND.C

エンタープライズ その他

 トレンドマイクロは、2002年3月度のウイルス感染被害レポートを公表した。それによると、もっとも被害件数が多かったのはWORM_BADTRANS.B(バッドトランス)の770件で、4ヶ月連続でトップ。新登場したWORM_FBOUND.Cが412件で2位となっている。FBOUND.Cは、Subject(件名)に日本語が使われているのが特徴のワームである。

 全体として、FBOUND.C以外は先月と同様のウイルスが並んでいるが、BADTRANS.Bの被害件数が半減する一方で、4ヶ月連続で減少してきていたKLEZの被害件数がいきなり4倍以上に増加しており、ウイルス根絶の難しさをあらためて示す結果といえる。

 トレンドマイクロ発表の2002年3月度のウイルス被害ランキングは以下のとおり。

順位 ウイルス名 被害件数 先月の順位と件数
1位→ WORM_BADTRANS.B 770件 (1位・1498件)
2位! WORM_FBOUND.C 412件 (初登場)
3位↑ WORM_KLEZ 298件 (5位・71件)
4位↓ JS_EXCEPTION.GEN 188件 (3位・124件)
5位↓ MTX 99件 (2位・131件)
6位↓ NIMDA 58件 (4位・74件)
7位↓ PE_MAGISTR 56件 (6位・62件)
8位↓ WORM_ALIZ.A 25件 (7位・33件)
9位↓ PE_CIH 19件 (8位・32件)
10位→ PE_FUNLOVE 15件 (10位・23件)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top