シマンテック、企業向けアンチウイルス・コンテンツフィルタリングソフト2製品を発売 | RBB TODAY

シマンテック、企業向けアンチウイルス・コンテンツフィルタリングソフト2製品を発売

エンタープライズ その他

 シマンテックは4月19日より、ロータス ノーツ/ドミノに対応する「Symantec AntiVirus/Filtering 3.0 for Lotus Domino on Windows NT/2000(以下SAV/F Domino on Windows)」、およびWebゲートウェイ向けの「Symantec Web Security 2.5(以下SWS)」を発売する。いずれも企業向けのアンチウイルス・コンテンツフィルタリングソフト。

 このうちSAV/F Domino on Windowsは、ロータス社のロータス ノーツ/ドミノに対応した製品で、アンチウイルス機能のほか電子メールの本文をチェックするコンテンツフィルタリング機能を搭載している。フィルタリング機能にはDDR技術(Dynamic Document Review)が用いられており、単なるキーワード検索ではなく文脈に基づいた単語チェックを行うことで、より効果的な情報のフィルタリングが可能となっている。

 またSWSは企業のWebゲートウェイ向けで、Windows NT版とSolaris版の2種類が用意される。HTTP/FTPによる通信を監視することでWebサイトからダウンロードされたファイルやWebメール経由でのウイルス感染を防ぐアンチウイルス機能と、シマンテックオリジナルのデータベースを基にしたURLベースのフィルタリング・DDRによるWebコンテンツ本文のフィルタリングを組み合わせたフィルタリング機能を備えており、特にWindows NT版ではUsers/Groupに対応するため、ローカルにデータベースファイルを作成することなく導入できるようになっている。なお本製品は「Norton AntiVirus for Gateways」との組み合わせによりライセンス販売される。

 ライセンス価格は以下のとおり。

Symantec AntiVirus/Filtering 3.0 for Lotus Domino on Windows NT/2000
 価格:3,090円(100‐249ライセンスの場合)
 アップグレード保険:620円/年(100-249ライセンスの場合)
※ライセンス数はロータス ノーツのクライアント数で決定

Symantec Web Security 2.5
 価格:900,000円(1‐250ライセンスの場合)
 アップグレード保険:180,000円/年(1-250ライセンスの場合)
※「Norton AntiVirus Gateways Solution」に同梱されて販売。ライセンス数はメールアカウントを設定またはインターネットに接続可能なPCの台数で決定
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top