ロジクール、ビデオチャットに適したUSBカメラ2モデルを発売。上位モデルはマイク内蔵で30万画素CCDを搭載 | RBB TODAY

ロジクール、ビデオチャットに適したUSBカメラ2モデルを発売。上位モデルはマイク内蔵で30万画素CCDを搭載

IT・デジタル その他

 ロジクールは、WindowsMessengerやNetMeetingなどビデオチャットでの利用に適したPCカメラ「Qcam」シリーズに、あらたに2モデルを発売する。上位モデルの「QcamPro3000(QV-3000)」と、従来機種QV-30のリフレッシュ版「QcamExpress(QV-31)」。インターフェースはいずれもUSBで、対応OSはWindows98/Me/2000/XPとなっている。

 上位モデルのQcam Pro 3000(QV-3000)は、撮像素子に30万画素CCDを搭載しており、解像度は640x480ピクセル。フレームレートは最大30fps。レンズのすぐ上の部分にマイクを内蔵しているので、別にヘッドセットなどを用意する必要がない。

 また、普及モデルのQcam Express(QV-31)は、従来のQV-30から付属ソフトウェアの見直しなどをおこなったモデルで、より低価格での提供となるという(QV-30、QV-31ともオープンプライス)。撮像素子はCMOSセンサで、解像度は355x288ピクセル。フレームレートは最大30fps。こちらはQV-3000と異なり、マイクは内蔵されない。QV-31についてはパッケージングが3タイプ用意され、カメラ単体の「QV-31」のほか、2個セットになった「QV-31W」、ヘッドセットを同梱した「QV-31HS」がラインアップされている。

 発売日は、QV-31とQV-31HSについては4月5日、QV-31WとQV-3000は4月19日の予定。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top