中国電力系のCIS、MEGA EGGファイバーの法人向けサービスをスタート | RBB TODAY

中国電力系のCIS、MEGA EGGファイバーの法人向けサービスをスタート

ブロードバンド 回線・サービス

 中国情報システムサービス(CIS)は、光ファイバによるインターネット接続サービス「MEGA EGGファイバー」で、あらたに法人向けサービスとして「MEGA EGGファイバー ビジネスコース」の提供を開始する。サービス開始は4月5日。

 MEGA EGGファイバー ビジネスコースは、すでに提供されているスタンダードコースと比較して、「接続可能な端末数の拡張」「オプションメニューによるホスティングサービスの提供」「固定IPアドレスの割り当て(コース2のみ)」といった違いがある。

 接続可能な端末数については、コース1が15台まで、コース2が20台までとなっている。また、コース2では固定IPアドレスが1つ付与される。

 各コースのサービス内容は以下のとおり。

MEGA EGGファイバー ビジネス コース1
 月額料金:14,900円
 最大端末数:15台
 メールアカウント:1つ×5MB(オプションで最大20MB、最大15個)
 ホームページ容量:10MB(最大50MB)

MEGA EGGファイバー ビジネス コース2
 月額料金:33,900円
 最大端末数:20台
 メールアカウント:1つ×5MB(オプションで最大20MB、最大20個)
 ホームページ容量:10MB(最大50MB)

 また、オプションサービスとして、ホスティングサービスも提供される。基本サービスは、ディスク容量が150Mバイトで、メールアドレス51個、転送メールアカウント51個となっている。初期費用10,000円、月額費用4,900円となっており、追加サービスでディスク容量やメールアドレス数の増設も可能。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top