ソニー、ブロードバンド時代に備えてマーケティング組織を改編。AVとITを区別しないシームレスなセールス体制に | RBB TODAY

ソニー、ブロードバンド時代に備えてマーケティング組織を改編。AVとITを区別しないシームレスなセールス体制に

ブロードバンド その他

 ソニーマーケティングは、現在進めている「ユビキタス”バリュー”ネットワーク」ビジョンの実現に向け、4月1日付で組織改編を実施すると発表した。ブロードバンドネットワーク時代に対応したマーケティング体制を確立するためのもの。

 これまでAV製品とIT製品に分かれていたセールス体制を統合した上で、マーケティング部門にあった販促機能をセールス部門に移管する。マーケティング部門は、商品戦略や商品企画といった基本的なマーケティング活動に特化し、ネット販売系のソニースタイルなどとの連携を強化することでネットワークマーケティング体制の強化も図る。

 また、VAIOなどのIT関連商品を企業向けに販売する部門を新設し、法人向けITビジネスにも本格的に乗り出すとしている。

 ソニーでは、すべての製品をネットワーク対応にし、その中で新たな価値を創出しようという「ユビキタス”バリュー”ネットワーク」ビジョンをグループの基本方針として掲げており、すでにネットワークVAIOやハンディカムIPなどが製品化されている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top