NTTコム、OCN網内でウィルスチェックする「OCNウイルスチェック ゲートウェイサービス」を提供。本サービス前に無料モニタで実施 | RBB TODAY

NTTコム、OCN網内でウィルスチェックする「OCNウイルスチェック ゲートウェイサービス」を提供。本サービス前に無料モニタで実施

エンタープライズ その他

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、法人向けのOCN常時接続サービス利用者(※)を対象に、メールウィルスチェックを実施する「OCNウイルスチェック ゲートウェイサービス」を開始すると発表した。サービスの本格提供を前に、同社は2か月にわたる無料モニタを募集する。

 OCNウイルスチェック ゲートウェイサービスは、企業が設置したメールサーバを経由して外部のインターネットに送受信されるメールに対してウィルスチェックを実施するというもの。ウィルスチェックは、OCN網内で行われ、ウィルス感染を発見した場合にはウィルスの駆除・削除、送受信をブロックするといった措置がとられる。本サービスのサーバ用ウィルスチェックソフトには、トレンドマイクロのインターネットゲートウェイ用ウィルス対策ソフト「InterScan VirusWall」を採用している。

 モニタ募集の概要は以下のとおり。なおモニタは、OCN常時接続サービスの利用者であるほか、以下の条件を満たすことが必要となる。

1)利用メールアカウント数が1000以下
2)メールサーバを保管・管理していて、NTTコム指定の設定変更が可能である
3)モニタ期間中にアンケート調査に協力すること

■モニタ募集要項
 募集期間:3月27日〜4月19日17:00
 募集数:応募したユーザの利用メールアドレスの総数で1万アドレスまで
 モニタ期間:5月10日〜7月31日
 初期費用・利用料:無料

 同社は、モニタ期間終了後には、本サービスの有料化を予定しているが、本サービスでの利用料については現時点では未定となっている。


※OCN常時接続サービスとは、スーパーOCN、スーパーOCNライト、ビジネスOCN、スーパーOCN DSLアクセス、OCN ADSLアクセスIP8/16「フレッツ」プラン、OCN光アクセスIP8/IP16「Bフレッツ」プラン、OCNエコノミー、OCNスタンダード、OCNエンタープライズのことを指す。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top