IBM、ウェブサーバでページの多言語化を瞬時におこなう翻訳サーバを発売。日本語・英語を含む10カ国語をサポート | RBB TODAY

IBM、ウェブサーバでページの多言語化を瞬時におこなう翻訳サーバを発売。日本語・英語を含む10カ国語をサポート

ブロードバンド その他

 日本IBMは、4月12日より、ウェブページの翻訳をおこなうサーバアプリケーション「WebSphere Translation Server for Multiplatforms V2」を発売すると発表した。あらたに日→英翻訳をサポートしたことで、国内サイトからの情報発信がより簡単におこなえるようになる。

 このソフトはJavaベースで開発されており、複数のウェブサーバで動作させることが可能。IBMのWebSphere Application Serverのほか、NetscapeやMicrosoft IIS、Apacheといったウェブサーバで稼働し、OSについてもWindows2000/NT、AIX、Solaris、Linuxで動作する。

 サポートしている言語は、英語、日本語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、中国語(簡・繁)、韓国語、およびブラジル語・ポルトガル語となっている(ブラジル、ポルトガルについては英語からの翻訳のみ。それ以外は英語と双方向の翻訳が可能)。この翻訳は組み合わせて使用できるため、日本語のページを英語に翻訳し、これをドイツ語やフランス語に翻訳して、さまざまな言語でのページを一括生成することもできるという。

 ウェブサーバのほか、メールサーバ(ロータスドミノなど)やロータスSametimeなどと組み合わせての使用も可能。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top