NECのAterm DR35FH/CE、NTT東日本からフレッツ・ADSL 1.5Mの認定マークを取得 | RBB TODAY

NECのAterm DR35FH/CE、NTT東日本からフレッツ・ADSL 1.5Mの認定マークを取得

IT・デジタル その他

 NECは、ADSLモデム内蔵ルータ「DIRECTSTARΔ DR35FH/CE」が、NTT東日本のフレッツ・ADSLサービス(1.5Mタイプ)向けの認定マークを取得したと発表した。この認定制度は、サードベンダーのADSLモデムがフレッツ・ADSLサービスに接続できるかどうかをNTT東らが試験するというもので、現在は1.5Mタイプについて実施されている。

 Aterm DR35FH/CEは、Centillium社製ADSLモデムチップを採用したADSLモデム内蔵ルータで、フレッツ・ADSL(NTT東西)とイー・アクセス回線に対応している。今回の認定はNTT東日本によるものだが、NECの独自検証によりNTT西日本のフレッツ・ADSL 1.5Mプランでも動作を確認しているという。また、8Mのフレッツ・ADSLについても、認定が始まり次第申請するとのことだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top