江戸川ケーブル、4月から下り8Mbpsに増速。実効速度の確保に自信 | RBB TODAY

江戸川ケーブル、4月から下り8Mbpsに増速。実効速度の確保に自信

ブロードバンド 回線・サービス

 江戸川ケーブルテレビは、4月1日よりインターネット接続サービス「えどがわ@NetHome」の通信速度を、下り8Mbps/上り2Mbpsへと増速すると発表した(現在は下り2Mbps/上り128kbps)。月額利用は据え置き(5,400円)で、速度以外のサービス内容の変更はない。

 同社は今回の増速について、上り・下りの実測値を限りなく「上り8M、下り2M」へと近づける調整を続けてきたとしており、フィールド実験では上り・下り共に理論値の80%以上の結果が出ているという。

 ケーブルインターネットは同一配線を共有するユーザが帯域も共有するため、実効速度が低くなりがちだが、この問題はクリアできるということのようだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top