NTTコム、FWAサービス「エアアクセス」に回線速度10Mbpsのイーサネットタイプを追加。26日より全国主要都市で提供 | RBB TODAY

NTTコム、FWAサービス「エアアクセス」に回線速度10Mbpsのイーサネットタイプを追加。26日より全国主要都市で提供

ブロードバンド その他

 NTTコミュニケーションズは、26日よりアクセス系サービス「エアアクセス」に「10Base-T(10Mbps・イーサタイプ)」品目を追加、全国主要都市でサービス提供を開始する。同時に、エアアクセスの長期継続利用割引を導入する。

 エアアクセスは、基地局とユーザビル、ユーザビル同士などをFWA(加入者無線アクセスシステム)で接続するアクセス系サービス。これまでは1.5Mbps(月額116,000円より)、45Mbps(月額450,000円)、150Mbps(月額548,000円)の3品目を提供していた。今回、追加される10Base-T(10Mbps・イーサタイプ)は基地局とユーザビルを10Mbpsで、屋内を10Base-Tで接続するというものだ。月額利用料は107,000円。

 同時に導入される長期継続利用割引は、利用期間に応じて月額利用料を割り引くというシステム。従来の1.5Mbps・45Mbps・150Mbps品目では3年利用で7%引き、6年利用で14%引き、あらたに追加される10Base-T(10Mbps・イーサタイプ)は2年利用で5%引き、3年利用で7%引き、6年利用で14%引きとなる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top