eoメガファイバーホームが好調。申し込み2週間で10,000件を突破。FTTHの価格帯は6,000円か | RBB TODAY

eoメガファイバーホームが好調。申し込み2週間で10,000件を突破。FTTHの価格帯は6,000円か

ブロードバンド その他

 ケイ・オプティコムの個人向けeoメガファイバーが好調だ。3月1日の本申し込み以降、申込数が10,000件を突破したとケイ・オプティコムは表明している。

 ケイ・オプティコムは、関西電力グループとして光ファイバを使った通信サービスを提供しており、個人向けサービスは月額6,000円でeoメガファイバー ホームタイプとして3月1日より本申し込みを開始した。

 eoメガファイバー ホームタイプは、関西2府4県のうち78市町でのサービスを開始するため、NTT西日本の遅れ気味のBフレッツに比べて、圧倒的な支持を得たといえる。ケイ・オプティによると、事前の登録申し込みは、17,425件あったものの、本申し込みは10,000件となっており、事実上該当エリアでの申し込みが10,000件あったと想定できる。

 eoメガファイバーのサービスは、申し込みから利用できるまで2か月かかるとしており、初期の申し込みユーザは、早くても4月1日以降の工事完了したエリアから順次サービス提供となる。

 関西エリアでは、関西マルチメディアのZAQが堅調である。そこへ、eoメガファイバーは、100Mbpsサービスを6,000円というキーワードで切り込み利用者の流れをつかんだといえそうだ。特に、全国でのFTTHサービス利用者数が1月末の段階で1.2万件ということから、ケイ・オプティは短期間で1万件の本申し込みをうけたことに自信をもっている。usenの個人向け月額料金も6,100円であることから、光ファイバの価格帯は6,000円前後で落ち着きそうな雰囲気が出ている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top