IIJmio、IPv6に対応した独自ドメイン利用の新サービスを開始。26日より | RBB TODAY

IIJmio、IPv6に対応した独自ドメイン利用の新サービスを開始。26日より

ブロードバンド テクノロジー

 インターネットイニシアティブ(IIJ)の運営するインターネット接続サービス「IIJmio」は、26日よりIPv6に対応した「IIJmioパーソナルドメインサービス」を開始すると発表した。同時に、初期費用が無料になるサービス開始キャンペーンを実施する。キャンペーン期間は5月31日まで。

 IIJmioパーソナルドメインサービスは、IIJのバックボーンに直結したサーバ上で独自ドメイン名のメールアドレスやホームページ開設が利用できるという新たなサービス。また個人向けWebホスティングとしては、国内で初めてIPv6に対応していることも大きな特徴である。

 初期費用は5,000円、月額利用料は3,800円。メール機能には、受信メール数・メールボックス容量とも無制限のメールアカウント数が標準で5個(最大10個まで追加可能)利用できるほか、ウィルスチェックやフィルタ機能、SMTP認証・POP/SMTP over SSL・APOPといったセキュリティ機能に対応する。Web機能は、100Mバイトのディスク容量とアクセスカウンタなどの付属CGIが利用できる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top