ソニーマーケティング、BB利用の英会話学習サービス「e-EnglishGym」のトライアル配信を開始。本格オープンは5月から | RBB TODAY

ソニーマーケティング、BB利用の英会話学習サービス「e-EnglishGym」のトライアル配信を開始。本格オープンは5月から

エンタメ その他

 ソニーマーケティングは、ブロードバンド回線を利用した個人向け英会話学習サービス「e-EnglishGym(イー・イングリッシュ・ジム)」の提供を開始する。本格オープンは5月からの予定で、明日19日より4月末までの間はテスト期間として、コンテンツのトライアル配信が行われる。

 e-EnglishGymは、ソニーマーケティングとNHKの語学番組を制作するNHKエデュケーショナルとの提携により生まれた、ブロードバンド対応のインタラクティブな英会話学習サービス。これまでの英語学習のスタイルが先生から生徒への一方的な講義スタイルであったのに対し、e-EnglishGymでは「理解→知識の取得→実践」という一連のサイクルを通じた「スキルの獲得」に主眼が置かれているのが大きな特徴となる。

 実際の学習場面では、英会話のシーンが映像で表現され、これに学習者が「コンプリヘンション(文意理解)」「トレーニング(読み・書き・聞き取り等)」「ランスルー(役割練習)」「ロールプレイング(チャレンジ問題・自己評価)」という4つの方法でバーチャルに参加するという形をとる。また学習を効果的に進めていくための機能として、学習者同士の情報交換を可能にする「コミュニティースペース」や、自身の学習の進捗状況をチェックする「進捗マップ」や、いつでも好きな場面に戻って学びなおすことのできる「ブックマーク」も用意される。

 サービス開始時には「Business Englishコース」「Exective Englishコース」「Daily Conversationコース」の3コースが用意される予定で、利用料はBusiness Englishコースが3万円/半年、その他のコースが未定となっている。4月末までのトライアル期間では、Business Englishコースの一部が無料で体験できる。

 なお、トライアル配信を利用するには、3月19日より4月14日までの応募期間に申込みをすることが必要で、ソニーマーケティングでは5,000名程度の参加を見込んでいる。トライアルの参加には、速度600kbps以上のブロードバンド回線に接続されたPCが利用できること、および、トライアル終了後のアンケートに回答することが条件となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top