アットホームジャパン、加入者向けに仮想空間を探索する新ゲームコンテンツ「ゴールドラッシュ」を提供 | RBB TODAY

アットホームジャパン、加入者向けに仮想空間を探索する新ゲームコンテンツ「ゴールドラッシュ」を提供

エンタメ その他

 アットホームジャパンは、@NetHome加入者向けに新ゲームコンテンツ「ゴールドラッシュ」の提供を開始した。利用料は無料で、@NetHomeを利用するCATVインターネットサービスのユーザなら誰でも楽しむことができる。

 ゴールドラッシュは、西部開拓時代のアメリカを思わせる広大なゲーム空間を舞台に、「馬」や「カウボーイ」など好きなキャラクターに扮したプレイヤーが、地面のここぞと思うところを掘りながら宝物をゲットしていくゲーム。原案はゲームサイエンス(本社 東京)、開発はマルチターム(同)が担当した。

 宝探しはスコップやレーダーなどを用いて基本的にプレイヤー単独で行うが、ゲームに同時に参加している他のプレイヤーとチャットすることもできるため、参加者同士で情報交換しながら地表を掘り進めていくといった楽しみ方も可能だ。

 また当初宝物として用意されているのは「@NetHomeオリジナルグッズ」や「ゴールドラッシュオリジナル着メロ」など数種類だが、2週間に1度は掘り当てた宝物がグレードアップしたり、仮想通貨の交換によってより高性能なツールを手に入れられたり、時にはゲーム上の宝物が実際にユーザ宅に届けられるような企画も用意されているなど、「常に進化しつづける」ゲーム内容となっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top