NTT東・インテル・HP、コンテンツ配信トライアル実験の検証項目を追加。実験期間も延長 | RBB TODAY

NTT東・インテル・HP、コンテンツ配信トライアル実験の検証項目を追加。実験期間も延長

ブロードバンド その他

 NTT東日本は、昨年の9月よりおこなっている「光サービス向けコンテンツ配信トライアル」について、検証項目を追加し、実験期間を延長すると発表した。光サービス向けコンテンツ配信トライアルは、NTT東日本とインテル、ヒューレット・パッカードの3社が、実施しているフレッツサービスを対象としたコンテンツ配信実験である。

 新たに追加される検証項目は、クライアント環境にレジデンシャル・ゲートウェイを利用したエンド・ツー・エンドの技術検証。今回の検証項目の追加に伴い、当初、2002年3月までの予定だった実験期間を、半年程度延長する。

 なお、これまで実施されてきたネット試写会及びライブ配信等の実施、ハイビジョンクラスの高品位動画の配信実験も継続して実施される。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top