ネットで度付きメガネを購入できる「どこでもメガネ」、ビジョンメガネが5月より開始 | RBB TODAY

ネットで度付きメガネを購入できる「どこでもメガネ」、ビジョンメガネが5月より開始

ブロードバンド その他

 ビジョンメガネは、インターネットで視力検査からフレームの試着までを行える「どこでもメガネショッピング・システム」を開発し、5月より実用化すると発表した。

 このシステムは、インターネットを利用して、画面に従って視力のセルフチェックを行い、その後、バーチャルフィッテングシステムにより自分の顔写真にフレーム試着して好みのメガネを選ぶというもの。あとは、会員登録して送付先や決済方法(クレジットカード・代金引換・店頭)などを入力すれば、通常、1〜2週間で商品が手元に届くという仕組みだ。度数が合わなかったり、イメージが違うなど、気に入らない点があれば返金サービスを受けることができる。

 視力チェックでは、同社がこれまで蓄積してきた700万件のデータベースをもとに日本人の85%をカバーする眼球モデルに、ネットで行う視力チェックデータや個人データを合わせ、総合的に分析して度数を測定。モニタの種類や性能による誤差を最小限に抑えるための工夫により、同社調査によると約70%の人が適正な視力を計測でき、極度な乱視等を除けば約90%の人に的確なメガネの提供を行うことができるという。

 同システムではブロードバンドでの利用が想定されているが、動画などは使用しておらず、ナローバンドでの利用も可能となっている。

 都内で開かれた記者発表会において代表取締役 吉田武彦氏は、「“生活の必需品からファッションアイテムへ”、“耐久財から消費財へ”をテーマに、新しいメガネ文化を創造したい」と語った。現在、国内におけるメガネの市場は6,000億円といわれている。同システムの提供により、購入を手軽にし、メガネを他のファッションアイテムと同様に使い分けることを提案するなど、メガネ市場の拡大を目指すという。同社は、本サービスは開始から2、3年で300億円の市場に成長すると見込んでおり、これまでの店舗での販売には影響はないと見ている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top