松下電器、気分に合った選曲が可能な楽曲選曲技術「ミュージックソムリエ」を開発。今春以降をめどに実用化へ | RBB TODAY

松下電器、気分に合った選曲が可能な楽曲選曲技術「ミュージックソムリエ」を開発。今春以降をめどに実用化へ

エンタメ その他

 松下電器産業は、気分に合った選曲を行うことができる音楽選曲インターフェース技術として「ミュージックソムリエ」を開発したことを発表した。

 同社は、業務用システムにおけるデジタルコンテンツ検索機能として、2002年春以降の実用化を目指すほか、民生用オーディオ機器等への展開も予定しているという。

 本技術は、テンポ、リズム、ビート、平均音数など8つのパラメータで音楽的特徴量を音楽信号から抽出する技術と、これに、激しさ、躍動感、爽快さ、素朴さ、ソフトさの5種類の主観的な感性イメージとを対応づける統計解析技術により実現するもので、これにより、「仲間と踊りたい」「自室で眠りたい」などシチュエーションにあった選曲が可能になる。

 今後、ますます膨大になっていくことが予想される音楽コンテンツをはじめとするブロードバンドコンテンツの検索方法として、これまでの単にタイトルやアーティスト名といったキーワードからの検索だけではなく、本技術をはじめとする多様な検索技術へのニーズが高まるものと思われる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top