@nifty、個人ユーザがオリジナルコンテンツを販売できる少額決済サービス「@pay」を発表 | RBB TODAY

@nifty、個人ユーザがオリジナルコンテンツを販売できる少額決済サービス「@pay」を発表

ブロードバンド その他

 ニフティは、個人が作成したオリジナルのデジタルコンテンツを販売するための決済サービス「@pay(アット・ペイ)」を発表した。販売者、購入者とも@nifty会員である必要はあるが、100円からの少額課金が可能なのが特徴。提供開始は3月12日の予定。

 @payは、画像やテキスト、動画、Web素材、ソフトウェア、ゲーム、音楽といったデジタルコンテンツを有償で販売するための個人間決済サービス。ニフティによるコンテンツの事前審査などはなく、単純に決済手段のみの提供となる。

 販売者側の利用条件は、@nifty会員であること、国内金融機関の口座を保持していること、自分のホームページを開設していること(ニフティ以外のホームページでも可)の3点。また、購入者については、@nifty会員(Combo会員含む)であることのほか、@niftyの利用料金を指定クレジットカード(JCB、VISA、NICOS、アット・ニフティカードなど)で支払っていることが利用条件となる。

 販売者にとっての最大のメリットは手軽さにある。@payサービスに登録し、HTMLに「購入」ボタン関連のソースコードを貼り付けるだけで、販売を開始できる。先述の通りコンテンツの審査を受ける必要もない。また、販売コンテンツをニフティのホストに預けられる「ライブラリオプション」(有料)も提供される。

 一方、購入者にとってのメリットは手軽さと安心感だろう。@niftyのIDで簡単に決済できるほか、販売者と直接の個人情報のやりとりが不要。また、ダウンロードしたコンテンツが万一削除などで失われた場合も、24時間以内であればコンテンツの再ダウンロードが可能となっている。

 @payサービスは販売者側のみ有料で、販売者登録料が200円/月、販売手数料が売上金額の15%かかる。コンテンツの価格は100円から10,000円まで1円単位で設定することができ、コンテンツを@niftyのホストに預ける「ライブラリオプション」も用意される(200円/5Mバイト/月)。なお、販売者登録料とライブラリ利用料が4月末まで無料となるオープニングキャンペーンが実施される。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top