「hi-ho」「DTI」など電機メーカ系ISP4社が包括提携で合意。ユビキタス社会の到来を見越して経営基盤を強化 | RBB TODAY

「hi-ho」「DTI」など電機メーカ系ISP4社が包括提携で合意。ユビキタス社会の到来を見越して経営基盤を強化

ブロードバンド テクノロジー

 松下電器産業(Panasonic hi-ho)、ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)などISPを運営する電機メーカ関連4社は、インターネット事業全般における包括的な提携に合意したと発表した。

 発表によると、今回提携を表明しているのはhi-ho(松下電器産業)、DTI(三菱電機系)、SANNET(三洋電機ソフトウエア)、infoPepper(東芝情報システム)の4社。いずれのISPも母体が主として家電製品を得意とする電機メーカであることから、今後のIPv6ネットワークを基盤としたネット家電など「ノンPC機器」の普及による本格的なユビキタス社会の到来を前に、経営基盤を強化することが狙いとなっている。

 具体的な提携事項は次のとおり。

(1)IPv6ネットワーク・サービスに関する共同研究・開発とその運用
(2)ノンPC機器用ポータルサイトの共同開発・運営
(3)ノンPC機器へのコンテンツサービスの共同開発・運営
(4)各ISPの通信インフラ等の相互利用を検討
(5)共同マーケティング活動の実施
(6)ノンPC機器によるインターネット接続時のISPの役割を検討・協議する研究会の発足

 今後、4社では家電などハード機器とISPというソフト・サービスの連携を軸として、ノンPC機器によるインターネット接続のさらなる普及を図っていく考えだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top