Xdriveが法人向けサービスをリニューアル。セキュリティを強化したオンライン・ストレージサービスに | RBB TODAY

Xdriveが法人向けサービスをリニューアル。セキュリティを強化したオンライン・ストレージサービスに

ブロードバンド その他

 Xdriveは、法人向けオンライン・ストレージサービスの内容をリニューアルし、Xdrive Workgroupとして3月5日よりサービスを提供する。新たなサービスは、セキュリティを強化し、本格的なオンライン・ストレージサービスとなる。

 Xdrive Workgroupはこれまで法人向けサービスとして提供してきたXdrive Enterpriseのリニューアル版。Workgroupと名前をかえると共に、セキュリティ面を強化し、不正アクセスに対するアカウント制御機能を加えると共に、ユーザインターフェイスも見直した。共有ユーザに対するアドレス帳機能や、画面サイズに合わせた表示項目数の設定ができ、オンライン・ストレージサービスとしての完成度もより高めたといえる。

 Xdriveのオンライン・ストレーサービスは、リモートから共有フォルダを使える機能を提供しており、本格的なブロードバンド環境をむかえることで、ユビキタスネットワークとしての機能を提供することになる。

 動作環境は、Windowsベースとなる。なお、利用料金は、初期費用が17,800円。月額費用が10アカウントで1Gバイトの領域が14,800円からとなる。また、ウェブブラウザを使ったデスクトップ環境を利用するため、Internet Explorer 5.0/5.5/6.0といった環境が必要になる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top