上田ケーブル、最高2Mbpsへの速度アップと最大1,000円の値下げを実施。4月より | RBB TODAY

上田ケーブル、最高2Mbpsへの速度アップと最大1,000円の値下げを実施。4月より

ブロードバンド 回線・サービス

 上田ケーブルビジョン(長野県)は、運営するCATVインターネット「UCVNet」において4月1日より速度アップ&最大1,000円の値下げを含むサービス改定を行うと発表した。

 現在提供しているサービスは、下り速度64kbpsの「エコノミー」(月額3,200円)と下り速度1.5Mbpsの「ベーシック」の2コースだが、両コースとも下り速度が128kbps、2Mbpsにアップ、利用料が500円、1,000円の値下げとなる。

 同時に、ブロードバンドコンテンツの配信とメールウィルスチェックサービスも開始される。ブロードバンドコンテンツはAIIとの提携により、AIIの提携局向けコンテンツを含むすべてのコンテンツが視聴できる。また、メールウィルスチェックサービスは、1メールアドレスに対して月額200円の有料オプションとして新たに追加された。


 4月1日からのサービス内容は以下のとおり。

エコノミー
 速度:下り128kbps(64kbpsから増速)
 利用料:2,700円(500円値下げ)

ベーシック
 速度:下り2Mbps(1.5Mbpsから増速)
 利用料:3,500円(1,000円値下げ)

メールウィルスチェックサービス
 利用料:200円(1メールアドレス)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top