コレガ、Unnumbered IP対応を追加したBAR SW-4P Pro用のベータ版ファームウェアをリリース | RBB TODAY

コレガ、Unnumbered IP対応を追加したBAR SW-4P Pro用のベータ版ファームウェアをリリース

IT・デジタル その他

 コレガは、ブロードバンドルータ「BAR SW-4P Pro」に対応する最新ファームウェア「Ver 1.10ベータ」を公開した。

 Ver 1.10ベータでは、新たにUnnumbered IP対応が追加される。これにより、複数のグローバルIPアドレスが付与されるフレッツ・ADSLやBフレッツ向け接続サービスが利用可能になる。また、Unnumbered IP機能とプライベートIPアドレスを同時に使用する設定も可能。

 この他、「機能拡張版バーチャルサーバ」機能として、複数のIPアドレスWAN側からの通信を特定のホストに転送するバーチャルサーバ機能で、対象のポート番号を範囲で指定できるよう改善が行われている。 

 本ファームはベータバージョンであるため、サポートの対象外となっている。コレガでは、新たに追加された機能を必要としない場合にはこのファームウェアを使用しないようにアナウンスしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top