中部ケーブル、グローバルIPを利用できる下り1Mbpsと3Mbpsの新コースを追加。4月より | RBB TODAY

中部ケーブル、グローバルIPを利用できる下り1Mbpsと3Mbpsの新コースを追加。4月より

ブロードバンド 回線・サービス

 中部ケーブルネットワーク(旧東名ケーブルネットワーク)は、下り方向の通信速度が1Mbpsの「エントリー」と3Mbpsの「スタンダード」を4月初旬より新たに提供開始すると発表した(コース名はいずれも仮称)。月額利用料金はエントリーが3,500円、スタンダードが4,500円を予定している。

 新コースの特徴は、1契約ごとにエントリーコースで1つ、スタンダードコースで3つ割り当てられるグローバルIPアドレス(変動)と、下り速度の大幅アップにある。現行コースと比較してみよう。現行の最上位コースの「グローバル」の下り速度が1.5Mbpsであるのに対して、新コースの「スタンダード」は3Mbpsと、下り速度が倍に設定されている。しかも、スタンダードの方は、グローバルよりも利用料が1,000円も安い(固定IPと動的IPの差はある)。

 また、現行コースの「パーソナル」「ファミリー」は固定プライベートIPだが、新コースはどちらも動的グローバルIPが利用できる(名古屋市緑区のみグローバルIP運用は2002年夏になる予定)。オプションサービスも現行サービスに比べ割安に設定され、追加メールアカウントの利用料金が300円(現行500円)、ホームページの容量追加料金が10Mバイト/500円(現行5Mバイト/500円)となっている。

 今回発表された新コースは、現行コースの値下げや増速ではなく、新コースの追加である。そのため、新コースに移行するにはコース変更のための手続きやPCの設定変更が必要となる。さらに、要注意なのはメールアドレスとホームページアドレスも変更されることだ。同社では、会員向けに3月11日から4月20日までにコース変更の手続きを申し込むと変更手数料が無料になるサービスも実施する予定でいる。

 新コースは以下のとおり。

エントリー
 速度:下り1Mbps
 利用料:3,500円
 IPアドレス:動的グローバルIPを1個

スタンダード
 速度:下り3Mbps
 利用料:4,500円
 IPアドレス:動的グローバルIPを3個

 現行コースは以下のとおり。

パーソナル
 速度:上下640kbps
 利用料:3,900円
 IPアドレス:固定プライベートIPを1個

ファミリー
 速度:上下1Mbps
 利用料:5,000円
 IPアドレス:固定プライベートIPを3個

グローバル
 速度:上下1.5Mbps
 利用料:5,500円
 IPアドレス:固定グローバルIPを1個
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top