アッカネットワークス、ASAHIネット向け1.5Mbpsサービスでモデムレンタル扱いを廃止。モデムの所有権をユーザに移転 | RBB TODAY

アッカネットワークス、ASAHIネット向け1.5Mbpsサービスでモデムレンタル扱いを廃止。モデムの所有権をユーザに移転

ブロードバンド 回線・サービス

 アッカネットワークスは、ASAHIネット向けサービスについて、3月1日付で1.5MbpsタイプADSLモデムのレンタルを廃止すると発表した。モデムの所有権はユーザに移転され、解約時のモデム返却が不要となる。今回のモデムレンタルの廃止は、市販ADSLモデムの登場により、ユーザが自由にモデムを選べるようになったことへの対応。

 このモデム所有権の移転に伴う支払いや返金などはなく、初期費用のモデムレンタル代金がそのままモデムの購入代金に充当される形になる。

 なお、ユーザには3月下旬ごろまでにモデムの保証書が送付される。モデムの保証期間は2003年2月までで、モデムに関するユーザサポートなどは従来通りとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top