IIJとIIJテクノロジー、ゲートウェイを使ったセキュリティサービス「IIJ Mailゲートウェイサービス」を提供 | RBB TODAY

IIJとIIJテクノロジー、ゲートウェイを使ったセキュリティサービス「IIJ Mailゲートウェイサービス」を提供

エンタープライズ その他

 インターネットイニシアティブ(IIJ)とアイアイジェイテクノロジー(IIJテクノロジー)は、メール経由でのウィルス感染や情報漏洩の防止を目的とするセキュリティサービス「IIJ Mailゲートウェイサービス」の提供を開始する。

 「IIJ Mailゲートウェイサービス」は、IIJデータセンターに設置された24時間365日管理のゲートウェイシステムで、ウィルスチェックやメール監査を実施する国内初のサービス。ウィルス検出・駆除を行う「IIJ MailゲートウェイVirus Protection/ET」、メール監査を行う「IIJ MailゲートウェイAudit/E」、メールアーカイブ機能の「IIJ MailゲートウェイArchive/E」の3種類から必要な機能を組み合わせて利用する。メール配信サービスを提供しているユーザなど、メールアカウント数1,000以上の大規模ユーザを対象として提供される。

 利用料は、以下のとおり。

IIJ MailゲートウェイVirus Protection/ET
 初期費用:300,000円
 月額利用料:400,000円
 オプション:50,000円(200アカウント追加ごと)

IIJ Mailゲートウェイ Audit/E
 初期費用:300,000円
 月額利用料:400,000円
 オプション:50,000円(200アカウント追加ごと)

IIIJ Mailゲートウェイ Archive/E
 個別見積もり

 今後、同社ではメールアカウント数を1,000イ以下に設定した小・中規模ユーザ向けサービスや、Webアクセスを対象としたURLフィルタリング、ウィルス検出、情報漏洩監視サービス「IIJ Webゲートウェイサービス」の提供を予定している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top