ビーマップの遠隔監視システム。OCNのフレッツIP1サービスを使い、法人向けに展開 | RBB TODAY

ビーマップの遠隔監視システム。OCNのフレッツIP1サービスを使い、法人向けに展開

ブロードバンド その他

 ビーマップは、NTTコミュニケーションズ(NTTコム)と協力して、2月より新たな動画配信サービス・パッケージ販売を行うと発表した。

 同社の提供するサービスは、NTTコムのインターネットサービス「OCN ADSLアクセスIP1「フレッツ」プランをアクセスラインとするネットワーク型カメラを利用した遠隔監視システムである。主に、遠隔地の建設現場や店舗の陳列管理、製造業の生産ライン監視、また幼児や病人のモニタリング、遠隔治療といった用途での利用が想定されており、OCNは法人向けサービスの1つとして、遠隔監視のシステムをラインナップとして扱うことになる。

 これまでビーマップは、経路探索や位置情報などの技術をもとに、企画・配信・コンテンツ提供を行ってきた。今回のサービスでは、有線ベースでのサービス提供となったが、今後も、ビーマップは無線での動画配信を視野に入れ活動するとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top