シマンテックと三井物産、フューチャースピリッツの全レンタルサーバサービスにウイルスチェック機能を提供 | RBB TODAY

シマンテックと三井物産、フューチャースピリッツの全レンタルサーバサービスにウイルスチェック機能を提供

エンタープライズ その他

 シマンテックと三井物産は、フューチャースピリッツが運営するレンタルサーバサービス「Future Web」の全プランを対象に、メールのウイルスチェック機能を提供する。またウイルスチェック機能を備えたメール専用のプラン「Future Mail」の提供も開始する。いずれのプランにおいても、ウイルスチェック機能を利用する際の追加料金等は不要。

 ウイルスチェック機能は、メールサーバ上の全メールアドレスに対し、メールの送受信の際にウイルスの検知・駆除を行い、ウイルスが発見された場合には自動的に削除するというもの。ウイルス情報を常時管理する「シマンテック・セキュリティ・レスポンス」との連携により、新種のウイルスにも迅速に対応できる体制がとられている。

 また今回、ウイルスチェック機能のリリースとあわせて発表されたFuture Mailは、独自ドメインのメールアカウントが10個、ディスク容量が50Mバイトで月額2,000円のレンタルサーバサービス。導入には通常7,500円の初期費用がかかるが、Future Mailリリースキャンペーンとして、2月28日まで年間契約でFuture Mailを申し込んだ場合、初期費用が無料となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top