2001年のQuickTimeダウンロード件数が8,000万を突破。Realの7,500万を上回る | RBB TODAY

2001年のQuickTimeダウンロード件数が8,000万を突破。Realの7,500万を上回る

ブロードバンド その他

 米アップルは、QuickTimeの新規利用者数がRealPlayer(RialNetworks)の利用者数を超えたことを発表した。

 同社によると2001年のQuickTimePlayerの新規利用者数が8,000万に達し、RealNetworksが提供するRealOneとRealPlayer双方の利用者数を合わせた7,500万を上回ったとしている。躍進の理由については、フリーで提供されているQuickTimePlayerの完成度の高さに加え、100万本以上の販売実績を持つQuickTimeProのオーサリングツールとしての多様性を挙げている。

 現行バージョンのQuickTime 5は2001年4月に発表され、配布後1週間でダウンロード数が150万件を突破。同社は、2002年4月には確実に1億件を超えると予測している。また、今年1月に開催されたMacworld San Franciscoでは、2時間を超える基調講演の模様がQuickTimeで配信され、8万1千を超えるユーザーが同時に視聴した。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top