日本テレコム、ボイスチャット対応メッセンジャーソフト「ODNメッセンジャーVer3.0」を提供開始 | RBB TODAY

日本テレコム、ボイスチャット対応メッセンジャーソフト「ODNメッセンジャーVer3.0」を提供開始

ブロードバンド その他

 日本テレコムは、メッセンジャーソフトの最新版「ODNメッセンジャーVer3.0」の提供を2月7日より開始すると発表した。

 ODNメッセンジャーVer3.0では、従来からあるインスタントメッセージやチャット機能に加え、1対1による音声チャット機能が追加された。料金は無料で、メッセンジャーソフトの利用に際しては、ODNのID、もしくはODNPAL会員(メッセンジャーを利用するための会員形態)のIDが必要となり、通話相手もこれらIDを持つユーザのみが対象となる。(ODNPALの新規登録会員の受け付けは2月28日まで)

 メッセンジャーソフトの動作環境はWindows98/Me/2000/XPで、音声チャットの利用にはマイクとスピーカ、サウンドボードが必要となる。ルータタイプのADSLモデムを使用している環境でも音声チャットは利用可能だが、ファイアウォールを利用している場合は利用できないとしている。

 ちなみにこのODNメッセンジャーVer3.0は、ガイアックスが韓国産のメッセンジャーソフト「UIN」をローカライズして日本テレコムに提供しているソフトウェア。今後ガイアックスではOEM向けにボイスチャット機能対応メッセンジャーの販売やビデオチャット機能を搭載したメッセンジャーの提供も予定しているという。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top