ブロードバンド・エクスチェンジ、コンテンツ配信向けのIPトラフィック交換サービス「BEX」を本格始動 | RBB TODAY

ブロードバンド・エクスチェンジ、コンテンツ配信向けのIPトラフィック交換サービス「BEX」を本格始動

ブロードバンド その他

 ブロードバンド・エクスチェンジ(BBX)は本日記者会見を行い、IPトラフィック交換サービス「ブロードバンド・エクスチェンジ(BEX)」の正式運用を開始したと発表した。現在ISPとしてBBXに接続しているのは、BIGLBOE(NEC)とPanasonic hi-ho(松下電器)の2事業者。

 BBXは、ダークファイバを使用した40Gbps(当初総容量)のメトロポリタンエリアネットワーク(MAN)を構築し、コンテンツ配信向けに100Mbps〜1Gbpsの接続サービスを提供する。既存のIXと異なり、BEXサービスでは利用者はピアリング(相互接続)交渉の必要がなく、BBXに接続している事業者同士であればIP接続がただちに可能になるというメリットがある。

 コンテンツ配信をおこなう場合、通常のインターネットをそのまま利用すると、コンテンツプロバイダとISPのネットワーク上での位置関係によっては十分な帯域が確保できなかったり、遠回りな経路が選択されてしまってスムーズに再生できないといったことが起きる。BEXサービスは、コンテンツプロバイダやISPをBBXのシンプルなメトロエリアネットワークによって相互接続することで、エンドユーザがコンテンツを視聴する際の経路を最短で1ホップ(コンテンツプロバイダ収容ルータからISP側ルータまで。1ホップとは、この2ルータの間に他のルータが入らない状態)にでき、ストリーミングパケットの遅延やロスを抑えたスムーズな配信が可能になるとしている。

 BEXサービスのサービス提供エリアは東京23区内で、収容局は大手町、赤坂、豊洲、池袋、品川、新宿の6カ所。ユーザ拠点ビルまでの光ファイバ接続をBBXが提供する「加入者接続」(ファイバ長5km以内)と、収容局接続のいずれかが選択できる。料金は、1Gbpsの場合、収容局接続で170万円/月、加入者接続で200万円/月。100Mbpsであれば、収容局接続で65万円/月、加入者接続で75万円/月となっている。付加サービスとして、L2(イーサネット)接続サービスも提供される。

 BBXでは、今後、コンテンツ流通支援サービス「コンテンツ・エクスチェンジ(CX)」やブロードバンド接続のコンサルティング・技術支援サービス「ソリューション・エクスチェンジ(SX)」などを順次立ち上げていく計画。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top