アイ・オー・データ、IEEE802.11aに対応した無線ルータと無線LANカードを発売 | RBB TODAY

アイ・オー・データ、IEEE802.11aに対応した無線ルータと無線LANカードを発売

IT・デジタル その他

 アイ・オー・データ機器は、54Mbps無線LAN(IEEE802.11a準拠)に対応した無線LANアクセスポイント内蔵ルータ「WN-A54/BBR」と、CardBusタイプの無線LANアダプタ「WN-A54/PCM」を2月末より発売開始すると発表した。価格はいずれもオープンプライス。

 IEEE802.11aは、5.2GHz帯を使用する無線LANの規格で、最大通信速度が54Mbpsと高速なのが特徴。使用周波数が異なるため、現在普及しているWi-Fi(IEEE802.11b)機器との相互運用性はないが、Wi-Fiなどの2.4GHz用無線LANシステムと違って電子レンジなどからの電波干渉を受けないというメリットがある。

 無線ルータのWN-A54/BBRは、無線LANと有線LANに対応している。無線LANのセキュリティとしては128/64ビットWEPをサポートしており、MACアドレスによるアクセス制限も可能。ルータとして利用できるほか、シンプルな無線LANアクセスポイントとして使用するブリッジモードに切り替えることも可能。

 ルータ部分のスループットは、無線LAN使用時で約10Mbps、有線LANでは約15Mbpsとなっている(いずれもFTP伝送による実測値・公称)。有線ポートは、WAN側が100/10BASE-T自動認識1ポート、LAN側も100/10自動認識が1ポートとなっている。

 無線LANカードのWN-A54/PCMは、CardBusタイプのIEEE802.11a対応NICで、約100メートルの伝送が可能。動作モードとして無線LANアクセスポイントを経由するインフラストラクチャモードと無線LANクライアント同士での通信を行うアドホックモードに対応している。

 動作環境は、無線ルータ「WN-A54/BBR」がNEC PC98-NXシリーズ、AT互換機、Apple MacintoshシリーズなどTCP/IP LANインターフェイスを持つ機種。無線LANカード「WN-A54/PCM」はNEC PC98-NXシリーズ、AT互換機でCardBus対応のPCカードスロットを搭載した機種で、対応OSはWindows XP/2000/Meとなっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top