ソニーマーケティング、ソニースタイル・ジャパンを統合。国内におけるマーケティング体制を再編成 | RBB TODAY

ソニーマーケティング、ソニースタイル・ジャパンを統合。国内におけるマーケティング体制を再編成

ブロードバンド その他

 ソニーマーケティングは、3月1日付けで同じソニーグループのソニースタイルドットコム・ジャパンと合併・統合する。存続会社はソニーマーケティング。

 ソニーマーケティングは、1997年4月に設立されたソニー100%出資の子会社で、日本国内におけるソニー製品のマーケティングと販売を担当している。

 一方で、ソニーとソニーマーケティングの共同出資により、2000年1月に設立されたソニースタイルドットコム・ジャパンは、同社のwebサイト「SonyStyle」において、VAIO(PC)やCLIE(PDA)、エアボード(パーソナルITテレビ)など、ネットワーク関連機器を中心にマーケティング活動を展開してきた。

 ソニーグループでは今回の両社の合併によって、国内におけるマーケティング部門の効率化を図るほか、従来のハードウェア・リアル販路(ソニーマーケティング)とネットワーク・webベース(ソニースタイル・ジャパン)に二分されたマーケティング体制を融合させることで、来るべきブロードバンド時代に対応した、新しいビジネスモデルを構築したい考えだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top