ケイ・オプティコム、4月より関西で戸建対象のFTTHサービス開始。2月には法人サービスの拡充も | RBB TODAY

ケイ・オプティコム、4月より関西で戸建対象のFTTHサービス開始。2月には法人サービスの拡充も

ブロードバンド その他

 関西電力系のケイ・オプティコムは、4月1日より、関西地区で戸建住宅向けFTTHサービス「eo(イオ)メガファイバー(ホームタイプ)」の提供を開始する。

 このeoメガファイバー(ホームタイプ)は、光ファイバを利用した上下100MbpsのFTTHサービス。月額利用料は確定ではないものの、5,500円程度(プロバイダ料込み)が予定されており、別途機器使用料(500円)が必要となる。また導入時にかかる初期費用は、契約事務手数料(3,000円)と工事費を合わせて30,000円前後となっている。

 カバーエリアは2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県)の78市町で、2月1日より、専用サイトまたは電話にて申込の事前登録が開始される。(ただし具体的な提供地域の詳細は今のところ不明)

 また、事前登録開始に合わせて、2月末までに事前登録を行い、その後本契約に至ったユーザーを対象とする、「Wでおトク!登録しトク&紹介しトクキャンペーン!」が実施される。これは本契約者の紹介したユーザーが3月末までに契約した場合、本契約者に対して紹介者一人につき5,000円の商品券(最大15,000円分)が贈られるというもので、さらに契約者の中から抽選で1,000名に15,000円分の商品券が当たるダブルチャンスもある。

 一方、法人向けサービスの拡充も実施される。2月1日に「ビジネスeo(イオ)」の新メニューが追加されるほか「IP-VPNサービス」で新メニューの追加および料金の改定が行われる。

 このうち、光ファイバによる接続サービスであるビジネスeoでは、新メニュー「ライトタイプ」2種類が追加される。ライトタイプは、コアタイムである昼間(8:00〜20:00)は通常の帯域(10Mbps)を確保しながら、それ以外の夜間帯で速度を20分の1程度に制限することによって、低価格を実現したメニュー。

 またIP-VPNサービスでは、新たに256kbps・512kbps・1Mbpsという3つの低速メニューが追加されるほか、1.5Mbps〜100Mbpsで提供されている従来メニューの一部の値下げも行われる。

 法人向けサービスにおける新サービス・新料金の詳細は以下のとおり。

ビジネスeo ライトタイプ(新設)
  IP8(IPアドレス8個付与):45,000円
  IP16(IPアドレス16個付与):80,000円

IP-VPNサービス(品目新設・一部料金改定)
  256kbps(新設): 45,000円
  512kbps(新設):70,000円
  1Mbps(新設):115,000円
  1.5Mbps(新料金):150,000円
  3Mbps(新料金):252,000円
  4Mbps(新料金):313,000円
  5Mbps(新料金):370,000円
  6Mbps(新料金):424,000円
  8Mbps(新料金):526,000円
  10Mbps:622,000円
  20Mbps:920,000円
  40Mbps:1,310,000円
  60Mbps:1,710,000円
  80Mbps:1,850,000円
  100Mbps:2,000,000円
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top