理経、Nomadix USGによるホットスポットとローミングのセミナーを開催 | RBB TODAY

理経、Nomadix USGによるホットスポットとローミングのセミナーを開催

ブロードバンド その他

 理経は、2月6日、米Nomadix社のUSG-1000と無線LANシステムを組み合わせたホットスポットソリューションについてのセミナー「Solution for Wireless HotSpots and WISP Roaming」を開催する。

 セミナーでは、Nomadix CTO、Dr. Joel Short氏が、Nomadix USG(Universal Subscriber Gateway)や、無線LAN市場の将来動向、無線LANとUSGを組み合わせたホットスポットソリューションについて紹介する予定になっている。

 USG-1000は、インターネットホテルおよびインターネットマンションなどで500台以上の納入実績のあるゲートウェイ製品で、クライアントPCのネットワーク設定をいっさい変更せずに、インターネット接続を提供できるようになる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top