アバヴネット、通信事業者向けにMPLS網による高速インターネット接続の試験サービスを開始。距離に左右されない料金体系に | RBB TODAY

アバヴネット、通信事業者向けにMPLS網による高速インターネット接続の試験サービスを開始。距離に左右されない料金体系に

ブロードバンド その他

 アバヴネットジャパンは、MPLS網による通信事業者向けインターネット接続サービスの試験提供を開始したと発表した。サービスの正式提供開始は2002年4月の予定で、距離に左右されない従量制料金体系が特徴。

 この接続サービスでは、全国に設置されたアバヴネットのPOPに接続するだけでインターネット接続が利用できるようになるため、IXなど相互接続ポイントまでの距離を(少なくとも料金については)気にしなくても済む。このため、特に地方のインターネット接続事業者にとっては上位接続のコストを抑えられるという。接続は、STM-1(150Mbps)、STM-4(600Mbps)、イーサネット(100Mbps/1Gbps)などが選択可能となっている。

 試験サービスによる高速接続デモンストレーションとして、1月24日、25日に富山市で開始される「JANOG9」会場にインターネット接続を提供する予定。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top