NTT東、フレッツ・ADSL対応のADSLモデム内蔵無線ブロードバンドルータを発売 | RBB TODAY

NTT東、フレッツ・ADSL対応のADSLモデム内蔵無線ブロードバンドルータを発売

IT・デジタル その他

 NTT東日本は、フレッツ・ADSL(8Mタイプ/1.5Mタイプとも)で利用できるADSLモデム内蔵の無線ブロードバンドルータ「WebCaster FT6000MNワイヤレスセットC」を、1月28日より販売すると発表した。

 本体は、無線LANアクセスポイント機能を搭載したルータタイプモデムで、フレッツ・ADSL8Mタイプおよび1.5Mタイプの両方に対応している。LAN側は、無線LANがIEEE802.11b(11Mbps)に対応、有線LANは4ポートの100/10BASE-T自動認識のスイッチングハブを内蔵している。

 無線LAN子機(ステーション)はPCカードタイプで、Windows98/98SE/Me/2000Professional/XPのドライバが付属する。

 セキュリティについては、IPマスカレードのほか、パケットフィルタリング、ダイナミックポートコントロール(トリガパケットによる動的なポート開閉)を搭載している。

 価格は、本体と子機1台のセットで48,000円。増設の無線LAN子機は、14,800円。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top