NTT-ME、8Mbps/1.5Mbps対応のADSLモデムを内蔵した無線LAN対応ルータ「MN7530」を発売 | RBB TODAY

NTT-ME、8Mbps/1.5Mbps対応のADSLモデムを内蔵した無線LAN対応ルータ「MN7530」を発売

IT・デジタル その他

 NTT-MEは、8M/1.5M対応のADSLモデムを内蔵した無線LAN対応ブロードバンドルータ「MN7530」を、2月9日より発売開始すると発表した。対応するADSL事業者はNTT東西とイー・アクセスで、イー・アクセスの「CPE認定プログラム」に基づく初の認定モデムでもある。

 WAN側は、ADSL用の6極モジュラージャックのほか、イーサネット1ポート(100/10自動)も搭載している。CATVインターネットやFTTHサービスに乗り換える場合でも、ADSLモデム機能をオフにしてイーサネット接続で利用可能となっている。ADSL接続については、フレッツなどが採用するPPPoE、イー・アクセスなどが採用するPPPoAの他、IPoAもサポートする。

 LAN側は、無線LANがIEEE802.11b(11Mbps)に対応、有線LANは4ポートの100/10BASE-T自動認識のスイッチングハブを内蔵している。

 ルータ部分の実効スループットは最大8Mbps。パケットフィルタリングなどのセキュリティ機能や、ADSLで自動的に再接続するセッションキープアライブなどが利用可能。今後のファームウェアバージョンアップでは、NATルータ機能をオフにしてPCからPPPoE接続ができるようにする「ブリッジ接続」、複数IPアドレスが付与されるサービスで必要な「PPPoEアンナンバード接続」、無線ローミング機能「IAPP」などが利用可能となる予定。

 なお、11Mbps対応の無線LANカード「MN SS-LAN CARD 11 HQ」をセットにした「MN7530無線LANセット」も同時発売される。販売価格は以下のとおり。

MN7530:44,800円
MN7530無線LANセット:49,800円
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top