KDDI、IP-VPNサービスにフレッツ・ADSL経由でアクセスできる新メニューを追加。2月1日から開始 | RBB TODAY

KDDI、IP-VPNサービスにフレッツ・ADSL経由でアクセスできる新メニューを追加。2月1日から開始

ブロードバンド 回線・サービス

 KDDIは、同社が法人向けに提供しているIP-VPN(仮想閉域網)サービス「KDDI IP-VPN」で、足回り回線にフレッツ・ADSLを使用する「フレッツADSLアクセス」メニューの提供を開始する。これは、ユーザ宅内にIPsecルータを設置することで、KDDI IP-VPN網までの通信のセキュリティを確保するというもの。

 接続にはBusiness-DSLエコノミー(フレッツ・ADSL対応、固定IP×1アドレス)を使用するようになっており、専用線コストの都合などでVPNに参加できなかった拠点でも、KDDI IP-VPNを利用できるようになる。KDDI側のIPSecゲートウェイは、KDDIインターネット網とKDDI IP-VPN網の間に設置される。このため、NTT地域IP網やKDDIインターネット部分の通信は、すべて暗号化されることになる。

 IP-VPNフレッツ・ADSLポート料(フレッツ・ADSLからIP-VPNへの接続料)は月額30,000円で、このほかにBusiness-DSLエコノミーやフレッツ・ADSL利用料などが別途必要。また、ユーザ環境に設置するIPsecルータについてはKDDIによるレンタルメニューが用意されている(月額6,000円〜)。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top